HOME // 施工メニュー // 外壁塗装

外壁塗装

建物を美しく見せながら、水分や紫外線から屋内を守る外壁。塗料によって、耐久性や遮熱性もさまざまです。
カラーシミュレーションでイメージを共有しながら、ご要望に合わせた最適な塗料をご案内します。

こんな方にオススメです

・外壁を触ると手に白い粉がつく
・外壁にひび割れが発生している
・建物のイメージを変えたい
・メンテナンスが楽な外壁にしたい

Indication 塗り替えのサイン
【チョーキング】

外壁に触れると塗膜が手につく状態を「チョーキング」と呼びます。退色が生じていることも多く、塗装の劣化を示す明確なサインです。

【コーキングのひび割れ・やせ】

外壁の目地がひび割れていたり、素材がひどくやせている(厚みがなくなっている)と、外壁にダメージが蓄積しやすくなってしまいます。

【カビ・藻・苔】

日当たりが悪い場所などにカビや藻・苔が発生しているケースでは、外壁の防水機能が低下していることが考えられます。

METHOD 工法
【シーリング後打ち工法】

シーリング工事には、塗装の前に行う「先打ち工法」と塗装後に行う「後打ち工法」の二つの方法があります。塗膜のヒビ割れや仕上がりの美しさの面から、塗料メーカーは「後打ち工法」を推奨していますが、一般的な塗装屋では先打ち工法を採用していることもしばしばです。
外壁をいっそう長く美しく維持していただくため、ペイントクリーンは確かな腕を必要とする「後打ち工法」を採用しています。

施工メニュー一覧